未来食セミナーScene1

12月12日 あなたの体を美と健康の泉に変える「未来食セミナーScene1」晴天の心と体をつくる食の考え方と料理術の基礎を1日で学ぶ

未来食セミナーScene1 日程・申込はこちら

特別割引のご案内が最後にあります。

ぜーんぶ、雑穀と野菜 さまざまな疑問

食べたいだけ食べて健康になれる食生活がここにあります!!

食を考える前に知っておいて欲しいこと




こんにちは、 未来食つぶつぶ創始者大谷ゆみこです。


食を考えるというと、食べ物のカロリー、栄養成分の含有量、添加物の有無、食べる量が正しいか、等々を心配したり、何かを制限したり、悪いものを排除することだと思っていませんか。

特別な成分を含むスーパーな食品が健康をもたらすという夢を、裏切られ続けながら追いかけていませんか。
栄養成分を基本にした「栄養学」に基づいて食べれば健康になれるというこれらの神話は、いまや崩壊寸前だということは、あなたも薄々気付いているのではありませんか。
でも、それでは何を基準にしたら良いか解らないので不安は募るばかりですよね。


私は、今から36年前、30歳の時にある秘密を知ったことで、以来36年間、それまで体質と思っていた心身の悩みや、老いへの不安、怖れから解放され、晴天の体調と心で人生を楽しんできました。



その秘密は日本の食システムにあった



量を気にせずに、食べたいと思ったときに食べたいだけ、「ああ、おいしい!」と感謝と喜びの気持ちで食べて、体がもとめている3種類の栄養を補給できる夢の食システムが、かつての日本にはありました。
栄養学を元にしたサプリ依存の食事法は、バラバラな栄養成分を組み合わせて、ちょうど良い量の栄養を体に補給しようというものです。
それって、至難の業だと思いませんか。
最初から、不要で害のある成分の入っていないバランスが整った食べものを、いくつか組み合わせて食べれば、簡単に、体に必要な3種類の栄養をバランス良く補給することができます。
体がもとめている栄養をバランス良く含む自然の食べものを、おいしく料理して、おおらかにのびのびと食べる、ただそれだけで良いのです。
毎日お日さまの光を浴び、おいしい空気を深く吸い、おいしい水を飲み、おいしい食べものを、感謝して心から喜んで食べることで、新陳代謝が活発になり、古い細胞は新しい細胞にバトンタッチ、あなたの体を構成する数十兆個の細胞はピカピカになります。
その元気な細胞が、肌を輝かせ、ぜい肉や不純物を溜め込まない、しなやかに輝く体を作ります。


食には性格も変える力があった



日本古来の食システムを紐解き、実践していく中で、私の体と心はどんどん変化していきました。未熟児で生まれ、高熱を出しやすく、七転八倒するほどの生理痛や、立ちくらみ、低体温と低血圧、便秘、浅い呼吸、肩こりや足のむくみ、不眠、朝起きられない、食べるとすぐ太るぽっちゃり肥満体質なのに硬い体、筋力はゼロに近く体力も続かないという状態からは、全く無縁の状態になりました。今年で66歳ですが、老眼もなく、髪の毛も艶々で、しなやかでぜい肉のない体型を維持しています。
性格も引っ込み思案で神経質、落ち込むことも多く、社会やまわりの人を批判していつも不平不満を抱えていましたが、今はどんどん現実を生み出し、夢を実現しています。
子どもたちも自宅で楽々生まれ、子育ても離乳食入らずで超楽ちん、みんなすくすく元気に育っています。


自然食をしていた友人の死をきっかけに


人間本来の食は何なのかを知りたくて、体のしくみに叶った食生活を探求実践し、自分も家族も健康に全く不安のない生活を歩んでいる最中、早くからエコロジー運動に目覚めて活動していた友人が亡くなったのです。環境にやさしい食事ということで、まじめに菜食生活を続けていた友人の死に衝撃を受けました。
動物性食品を一切やめて生野菜や果物をたくさん食べる。オーガニックなものならコーヒーも砂糖もOK。減塩、油抜きで薄味、豆腐製品がおかずのメイン。朝食は天然酵母のパンにオーガニックコーヒーやハーブティーといった洋風のベジタリアン食生活でした。彼女が良かれと思って実践していた自然食の知識が、彼女の体を破壊した事実に、広く伝えなきゃ!と思い、「未来食~環境汚染時代をおいしく生き抜く~」を書き上げ、未来食セミナーをスタートしました。


迷っているのはもったいない



脳や心が迷いや不安でいっぱいになると、体は正常な働きができなくなって、様々な病的症状が現れます。あなたが、健康を望むなら、最初にやることは、食情報の洪水から抜け出すことです。あなたの頭の中の膨大な食情報、健康情報を大掃除して、食のオアシスに導く。その一歩が未来食セミナーScene1です。

未来食セミナーScene1

12月12日 あなたの体を美と健康の泉に変える「未来食セミナーScene1」晴天の心と体をつくる食の考え方と料理術の基礎を1日で学ぶ

未来食セミナーScene1 日程・申込はこちら

特別割引のご案内が最後にあります。

もし、あなたが、今から紹介する5つの事例のいずれかにでも共感するなら、未来食セミナーが役に立ちます。

事例1

事例1

私は今、28歳です。6年前、大学生までの私は、9年以上、体調不良に悩んでいました。世間には「〇〇で治った!」という事例もたくさんあるのに、どれをやっても良くならず、「なんで私は治らないんだろう?」と、ずっと疑問に思っていました。
未来食に出会って、私が望んでいたのは、不調を治すことではなかった!本当の望みは、元気ハツラツと、私らしく輝いて、のびのびと自由に生きることだったと気がつきました。
細胞が元気になり、自分の生命が輝いていく感覚。体が本来の機能を取り戻し、生きる力が湧いてくる感覚。未来食の実践で初めて味わった感動です。
「私が求めていたのは、これだったんだ!体調不良は、それに気づかせてくれるためのサインだったんだ!」私に必要だったのは、不調を治すための治療法ではなく、輝いて生きるための手がかりだったのです。
治病食でも、健康食でもなく「生命を輝かせる食」の世界を知って、将来の心配ばかり考えていた私が今では不安もなく、毎日楽しく、未来にワクワクしながら生きています。

事例2

つぶつぶマザー・東海林

食べるのは大好き!だけど料理はメニューを考えるのも、作るのも、後片付けも面倒。しかも一生懸命時間をかけて作っても、おいしくないからずっと料理を避けてきました。健康も気になるけど「料理に時間を割くよりも好きなことに時間を使いたい」、そう思って外食やコンビニ、デパ地下で食事を済ませていました。
結婚して、さすがに食費もかさむし「料理をしなきゃ!」と思ったものの、レシピを見ただけて頭痛が!どの食材を買って、何からどうやって手をつけていいのかわからず、料理に手を出せませんでした。
そんな時に、未来食つぶつぶに出会い「誰でも料理上手になれる」ことを知りました。そして「誰でも簡単に料理上手になれる技」を知りました。しかも、おいしい!毎日苦痛だった料理の時間が、楽しい時間に変換されて、1日の充実感と幸せ度が格段にアップしました。
いつの間にか、家族や友達から「おいしいー!!」と言ってもらえるほどの腕前になっていたのには自分でも驚きでした。そして料理だけではなく、自分が抱えていた苦手意識やネガティブな気持ちも、どんどん手放せるようなり自分の軸ができました。「毎日の料理で、自分への信頼を取り戻している」今はそんな感覚で楽しんでいます。
そして一番の驚きが、自分が大の苦手だった料理を教えていること。これには本当にびっくり!苦手だと思っていたのは、単にやり方を知らなかっただけ。今ではいろんな新しいことにチャレンジするのが楽しくてしょうがありません。本当に未来食つぶつぶに出会ってよかったと心から思っています。

事例3

事例3

私は、現在40歳でマーケティングコンサルティングの会社を経営しています。5年ほど前に娘のアレルギーに良いのではと、家族全員で糖質抜きダイエットをはじめました。ビジネス仲間の間でちょっとしたセレブの食として流行っていた、毎朝果物を食べ、ごはんやパン、麺類などは一切食べない食事です。減塩もしていました。最初は体が軽くなって体調も良いと感じていましたが、いつの間にか疲れやすくなっていて、朝起きた時はすでに疲れていて、動き出すために起き抜けのサーキットトレーニングによりさらにフラフラする毎日。
そんな中、1年前に未来食と出会ったのです。糖質制限で妻の体調が悪くなり、何かを食べないという事じゃなく、何を食べれば良いかを考えていた時期だったので、理にかなった情報と「食といのちのバランスシート」がストーンと腑に落ちました。さらに、料理のおいしさに魅せられて、思い切ってごはんを食べて見ました。「体に染み渡る美味しさ」、朝からごはんをモリモリ食べる幸せを家族で満喫しつつ、徐々に食を転換していったのですが、みるみる活力が漲るのがわかりました。味覚も正常になり、糖質抜きダイエットをする前より、タフになっているのを感じます。体調が不安定だった妻も元気です。仕事仲間の男性達も、私の外見と体調の変貌ぶりを見て、興味を持ち始めました。体の活力の自己管理システムとして最適な食術との確信が高まっています。

事例4

つぶつぶマザー・恒岡

子供の頃からおしゃれ大好き、可愛いもの大好きで、時間を見つけては雑貨店へ行くなどショッピングを楽しんでいました。結婚して出産してからは一転して子供中心の生活になり、大好きだったおしゃれも封印、代わりに子育て講座などに参加するようになりました。
いい環境でなければいけない。オーガニックのものでなければいけない。いいおっぱいを飲ませなければいけない。自然な育児をしなくてはいけない。と、義務感にとらわれた子育てにどっぷりと浸かっていきました。弱い子供を守る為、大人の夫や自分は後回し。頑張りのストレスから、子供にはお菓子を食べさせないのに、自分は常にお菓子を食べるという矛盾した生活を続けていた時に、未来食つぶつぶに出会いました。
自宅で料理教室を開催するつぶつぶ料理コーチは、子供を外に預けることなくできる私の理想の働き方でした。「子供は弱いもので守らなきゃ」という不安から脱却し、子供を信頼できるようになりました。そして子供中心ではなく、大人が主体の家族運営ができるようになり、夫との仲も深まりました。
おしゃれもまた楽しめるようになり「子供が3人もいるように見えない」「輝いてるね」と周りから言われるようになり、子供も夫も喜んでくれています。

事例5

つぶつぶマザー・深浦

ただただ料理が好きでなった管理栄養士という仕事。でも、減塩指導しても下がらない血圧、カロリー制限をしても落ちない体重に、現代栄養学に対する疑問はどんどん募るばかりでした。実際に自分でも、1日の必要カロリーよりも500キロカロリー少ない食事を試しに続けてみましたが、体重の変化はなし。このまま管理栄養士として仕事を続けていくべきなのか悩んでいました。
そんな時友人からつぶつぶ料理教室に誘われたのです。「つぶつぶ?」「雑穀を使った料理?」頭の中には「?」がいっぱいでしたが、食べて未体験の深いおいしさに感動!すぐに未来食セミナーへの参加を決めました。現代栄養学とは全く異なる、食と命の関係から構成された食術に驚きましたが、1日でスルスルと、私が抱えていた長年の悩みが解けてしまいました。「この料理を教えたい」と心が叫んでいました。
そしていま、夢が叶ってつぶつぶマザーとして料理教室やセミナーを開催しています。「食事を通して多くの人を幸せにしたい」という私の想いがつぶつぶで実現しました。食の嗜好や趣味が異なることから離婚まで考えていた夫との仲も変わりました。オシャレも楽しくなり、みんなから若返ったねと言われます。夫婦で一緒につぶつぶ料理を楽しみ、価値観の違いすら楽しめるようになりました。
やりたい事に出会ったら年齢なんて関係ない!56歳でつぶつぶに出会い人生大激変!楽しんでます。

つぶつぶ実践者

よくあるご質問

肉をたべなくても大丈夫ですか?

2009年の米国栄養士会の公式声明において「適切に献立されたベジタリアン食(完全菜食・ビーガンを含む)は、健康的でかつ栄養学的に適切であり、ある種の病気に対する予防や治療に有益であるというのが、米国栄養士会の立場である。適切なベジタリアン食は、妊娠中、授乳中、乳幼児、思春期、青年期、老齢期、そして運動選手を含めて、全てのライフサイクルにおいて適切である。」と発表されています。

雑穀を使った料理はむずかしそう

料理に苦手意識のあった人も今は台所に立つのが楽しい!と喜んでいます。

家族が満足してくれるか不安

家族ぐるみで世代を超えて実践している家庭が全国にどんどん広がっています。

未来食セミナーScene1

12月12日 あなたの体を美と健康の泉に変える「未来食セミナーScene1」晴天の心と体をつくる食の考え方と料理術の基礎を1日で学ぶ

未来食セミナーScene1 日程・申込はこちら

習慣や惰性で安易に食べているときではありません



現在の食生活をそのまま続けて、病気に悩まされる不安で不本意な人生を送り、環境汚染の害を真っ先に受けて、早死にするか、悲惨な老後を送るか。
食生活を転換して環境汚染もはね返す元気な体を作り、「命」の可能性を最大限に発揮して、晴天の心と体で生きるか。
あなたの未来はあなたの意志で変えられるのです。

生き残る道は手料理しかない



健康があたりまえの人生をつくるチャレンジは、食卓からはじめるのが一番早くて確実でおいしくて楽しい!そして、手料理には、私たちの命を輝かせる力があります。

未来食セミナーをスタートして23年目になります。最初は、サバイバルセミナーと呼んでいました。毎日食べるもので緩慢な自殺をしている、体を生理的に虐待している、という食の現実を知って、生き残る道は、手料理しかない!」と、真剣でした。

豊かに見えても、じつは食べ物と呼べるものがない食の砂漠だということを知り、その実体を伝えることに半分の力と時間を使っていました。残念なことに、その深刻な状況は、悪化の一途を辿っています。そんな中で、私は、何をどう食べると体が喜び、本来の力を発揮するかという食学と、舌と、体と心が喜ぶ料理のシンプルな食術を伝え続けてきました。

食べ物と命のしくみを知って、ルールに沿って食べる未来食つぶつぶの食卓を楽しんでいると、味覚をはじめとするセンサーが調律されて、気づいたら、何の不安も感じていない自分、不調を感じることのない自分になっていくというプロセスを、30年以上見てきました。


問題にフォーカスしない新しい食転換術



食を変えようとすると、ついつい問題にフォーカスしてしまいます。でも、問題にフォーカスするのではなく、問題を無効化する解決法を実践するというやり方が、脳科学的に見ても一番成功しやすいのです。

この伝え方を教えて、伝えるしくみを作れば砂漠にオアシスを作れる。いつか緑の森に変えられるかも知れない。という情熱から、当時、熱心に実践し学ぶ姿勢の高かったメンバーを特訓して、つぶつぶマザーを養成しました。私が、最初のステップのセミナーをしないことで、伝えるしくみを育てようという計画でした。

それから5年、つぶつぶマザー達が大きく育ち、2番目のシーンも任せられるほどになりました。つぶつぶ料理コーチも育って、2019年には100件を超える料理教室が活動することになります。この伝達のしくみの最上流にいる私の役割として、今ここで未来食セミナーScene1といういのちと暮らしのよみがえりのソフトをバージョンアップさせるために、自分自身が取り組む必要があると閃きました。

12月12日に、未来食つぶつぶ創始者の私が講師で未来食セミナーScene1を開催します。

さっさと学んで奇跡のような、この世界を思いっきり楽しもう!
私の心からの声、受け取ってください。

未来食セミナーScene1

12月12日 あなたの体を美と健康の泉に変える「未来食セミナーScene1」晴天の心と体をつくる食の考え方と料理術の基礎を1日で学ぶ

未来食セミナーScene1 日程・申込はこちら

大谷ゆみこ(つぶつぶグランマゆみこ)プロフィール
大谷ゆみこ(つぶつぶグランマゆみこ)著書
メディア掲載

私は高校に入る頃から50年間、人々の健康状態の悪化を肌で感じながら生きてきました。私が子どもの頃にはアトピーの症状や花粉症、ガンや各種生活習慣病、潰瘍性大腸ガンもクローン病も存在しませんでした。病気は希で特別なことだったのです。

母の実家は農家でした。夫婦で町工場を営むわが家の毎日の食卓はごはんと味噌汁と漬物とおひたしに、納豆や冷や奴、湯豆腐に煮物が少しというものでした。お茶うけは漬物で、おやつは塩おにぎりや味噌おにぎりでした。

それで充分元気でしたが、小学校に上がる頃には、食卓にそれまで無かった食べ物が侵入しはじめました。一方で、学校では戦後栄養学に基づいた献立のパン給食の毎日で、毎日マーガリンを塗ったパンを食べ、牛乳(最初は脱脂粉乳)を飲まされるようになりました。家にも毎日牛乳が配達されるようになり、温めて砂糖を入れて家族で飲むようになりました。

私の体調不良や神経質で感情の起伏が激しい性格は、この後も続いてきた食の変化のせいだったことを知ったのはずっと後のことです。

気づいて少したった頃に、伝統の食生活がずっと残っていた地域のお年寄りの話を聞くチャンスに恵まれました。「子どもはみんな7人、8人産んだ。忙しいから産みっぱなしで兄弟仲良く元気に育った。その頃は病院も無かったけど、病人もいなかったな。」と衝撃の発言でした。

この言葉通り、医療技術が発展し、数え切れないほどの薬が開発され、医者も病院も驚異的に増えたのにもかかわらず、それと正比例して病気も病人も増えています。

????????いったいどういうこと?
つぶつぶ創始者 大谷 ゆみこイメージ

その疑問をはらすために一歩踏み出したのは40年以上前のことです。そして36年前に、運良く、その秘密を知ることができました。

私たちに今必要なのは、いのちのしくみに照らし合わせて、ほんとうに必要な食べ物と情報を見分ける力、そして心身を輝かせる料理のレシピです。

それを伝えるために未来食セミナーのプログラムをスタートしました。丸1日の体感型プログラムが、あなたの体の中に眠っている泉のふたを開けます。セミナーでの気づきと体が求めている食べ物を食べることで、泉から精々しいエネルギーがあふれ出し、あなたの体の中を勢いよく流れはじめます。体の中の様々な滞りが取り払われ癒され排泄されはじめます。

たっぷり栄養を補ってさえいれば、人は健康に生きられると思い込んでいました。その反面「こんなに栄養を取り込んだのに、どうして体の不調や病気が増えているのだろう?」という疑問も膨らんでいきました。そんな時に雑穀と出会ったのです。

雑穀を食卓に迎えいれてから、我が家のキッチンは生命力を想像するいのちのアトリエになりました。古代から世界各地で人々のいのちを支えてきた、ちっちゃくって可愛い雑穀たちは、現代人にとっても感動的に美味しい食べものです。ボリュームがあり、消化も良く、肉、魚、卵、乳製品に代わる新しいグルメ食材として大活躍します。

つぶつぶ創始者 大谷 ゆみこイメージ

世界でたったひとつの、新しいグルメワールドの誕生です。

見て感動、食べて美味しさに驚愕、口の中で弾ける多彩な食感!そして、バランスのとれた栄養が細胞を満たし、あなたの中に眠っている泉のふたを開け、体が美と健康で溢れ出します。

未来食つぶつぶ創始者
大谷 ゆみこ

未来食セミナー紹介

未来食セミナーScene1

未来食セミナーScene1

写真

いのちと食べ物の本当の関係を学び、
いのちの運営術としての食術を身につけましょう!

〔時間〕   10:00~19:30
〔参加資格〕 どなたでも参加できます

五感を使い、本当の食べ物を見分ける感覚を開く!

未来食セミナーScene1は、未来食つぶつぶの理論と料理術を伝えるだけのセミナーではありません。「一生懸命、メモを取ってお勉強!」するのではなく、見て、聴いて、食べて・・・五感を駆使して、あなたの中に眠っている本能を目覚めさせ、本当の食べ物を見分ける感覚を開きます。

特別映像による新しい形の料理レッスン!

料理術は、調理実習ではなく特別に工夫して撮影した映像を使ってお伝えします。このセミナーでお伝えするレシピはシンプルなので、映像でお伝えした方が、効果的に、多くのレシピをお伝えできるからです。学ぶレシピは約30点、その日からすぐ実践できる「即効サバイバル食術」で、すぐに食卓を転換していくことができます。

フルカラーのテキストとレシピブック付き

サンプル

セミナーの全内容とレシピを掲載したカラーテキスト付き、セミナー後いつでも復習することができます。レシピは、キッチンで使いやすいミニノートサイズ。

クッキングDVD付き

サンプル

セミナーで学ぶレシピの特別映像を完全収録したDVDをプレゼント!細かいコツもDVDを見返せばすぐに復習できます。

ほんとうのおいしさを体感するランチ&ディナー付き

カラダが喜ぶほんとうのおいしさを体験することで、あなたの中の生命本能が目覚め、その瞬間から調和に向かって動き出します。ゴールの豊かなイメージを持って進むのと、そうでないのとでは、食卓革新の効果は何倍もの差がでます。

つぶつぶネットショップ特別割引

サンプル

すぐに食卓を転換していけるように、セミナー受講者限定でつぶつぶのネットショップの特別割引があります。

セミナー参加費用 70,000円(税込)

あなたの生涯にわたって、自分自身で美と健康を生み出し、
維持することを可能にする食術をたった1日で手に入れられるこのセミナーの価値は計り知れません。

セミナーで学ぶのはあなたの体をイキイキさせる食べ物、そして食べ方の秘密あなたの心をワクワクさせる食べ物、そして食べ方の秘密あなたの命をキラキラ食べ物、そして食べ方の秘密
未来食セミナーは次の3つのシーンで構成されています。

受講者の声

受講者の声
受講者の声
受講者の声
受講者の声
受講者の声
受講者の声

よくあるご質問

全く料理をしたことがないのですが大丈夫でしょうか?

全く料理をしたことがない人もたくさん参加されていますので大丈夫ですよ。

子供を連れていってもかまいませんか?

乳児を連れてのご参加は問題ありません。
事前にお知らせください。その他のお子様については、新しい体験にご自分が集中できるようにお一人での参加をお勧めしています。

アレルギーについて

アレルギーなどで食事制限がある方は事前にご相談ください。
未来食つぶつぶの実践によって体のシステムが整えば、徐々に解消していきます。

料理が習えるのですか?

はい。料理のつくり方もセミナーの中でお伝えしています。
ただし、未来食セミナーScene1では映像のみでデモンストレーションはございません。

男性でも参加できますか?

はい。もちろん参加は可能ですし、大歓迎です。
私達つぶつぶの店長やシェフとして、男性も活躍していますので安心してご参加ください。

申し込みをキャンセルすることはできますか?

ご入金後のキャンセルは承っておりません。開催3日前までにご連絡いただければ、半年以内で別日程へのお振り替えが可能です。

割引のご案内

1~3のいずれかに該当する方は
半額で受講できる割引をご用意しました。

  1. 再受講
  2. 受講者の夫(妻)
  3. 25歳以下
「1.再受講」の割引は、
内容を知らずに受けた初回受講だけでなく、
実践を重ねてから再受講することで、より理解が深まり、
確信を持ってぶれずに実践を楽しめるからです。

「2.受講者の夫(妻)」の割引は、
パートナーが受講し、
未来食つぶつぶと生命への理解が共有されることで、
夫婦の関係が大きく進化するからです。

「3.25歳以下」の割引は、
まだ、金銭的に余裕のない若者にこそ、受講して、
健康があたりまえの人生の基礎を作って欲しいからです。


1~3に該当する方のお申込みフォームはこちらになります。
http://go.tubu-tubu.net/scene1_entry1212